注目のキーワード

採用歴40年にして改革!体制や活動の徹底見直し【高卒採用成功事例 医療法人錦秀会様】

2020年08月31日

高卒採用を支援するジョブドラフトへの掲載企業の担当者に体験談を聞く、高卒採用成功事例シリーズ。

今回は、大阪市住吉区・堺市中区・堺市南区にて複数の病院・介護施設を運営されている医療法人錦秀会の新卒採用担当赤木様(写真左)と現場で教育をされている看護部長の辻様(写真右)に長年の採用活動と、ジョブドラフトを利用開始し初めてからの採用活動からの変化の軌跡を伺いました。

目次

(1)高卒採用を始めたキッカケ
(2)高卒採用において課題に感じていたこと
(3)ジョブドラフトを通しての採用活動
(4)入職後の教育体制について       

<外部リンク:株式会社ジンジブ>高卒採用の基本を完全網羅<参加無料>ジョブドラフトセミナー

 

(1)これまでの高卒採用に関して

赤木様:
医療法人錦秀会では40年以上高卒採用をしており、非常に歴史が長いです。
看護部長の辻さんも高校卒で入職しています。昔から続いている活動をこれからも続けていくことが大切だと感じています。

 

ー高卒社員が入ることによってどんな影響がありましたか?

辻様:
明るくて元気な高卒社員の方が入ることで社内全体が明るくなります。大卒の社員は落ち着きがあって、高卒の社員は明るい子が多い印象でバランスが取れているのかなと思います。また、集合研修では新卒社員ではなく未経験の中途採用社員も同時に行うので、お互いに良い刺激になっています。

 

(2)高卒採用において課題に感じていたこと

赤木様:
ジョブドラフトの利用を始めて、4年目になります。
過去を遡ると、18卒から22名、19卒は16名、20卒は17名の採用をしておりますが、より多くの高校生を採用していきたいと思っています。

ー高卒採用においてどんなことを課題に感じていましたか?

辻様:
介護業界の若手採用は、年々激化しており、採用が難しくなっていると感じています。
介護職は地道にステップアップしていくお仕事なので、その課程が大変なのかなと感じます。

赤木様:
病院は特別養護老人ホームなどに比べると、条件面のみでは劣ってしまいがちで、入職後に医療福祉に関する基礎知識や技術を身に着けることが出来る教育環境や研修体制など、「病院で務める介護職」のメリットを伝えられていないことが課題でした。

 

<外部リンク:株式会社ジンジブ>高卒採用活動の基本をおさえる<参加無料>ジョブドラフトセミナー

(3)ジョブドラフトを通しての採用活動

赤木様:

まずは、ジンジブクラブのセミナーに参加し、基本的な高卒採用のノウハウや活動方法を学びました。ジョブドラフトを利用する以前は、待ちの体制の採用活動で、もともと繋がりのあった学校の進路指導の先生が訪問してくれる学校にしかアプローチをしていませんでした。通信制や定時制の高校など、今まで視野に入れていなかった幅広い課程の高校へアプローチをするようになりました。実際にターゲットの高校を見直したことで昨年も通信・定時制の高校から4名の方に入職して頂きました。また、意識の変化に加えて社内の体制を見直すことで、高校訪問に重視することが出来るようになりました。

具体的な行動として、学校訪問をする際に錦秀会の魅力である教育面のアピールをしっかりするようにしています。また、お渡しする資料はパンフレットに加えて高校生にも伝わりやすいように入社後をイメージした漫画の資料を用意しています。
説明会や職場見学に来ていただいた際は、専門用語ではなく高校生に分かりやすい言葉で伝えることを意識しています。良いところも悪いところも包み隠さず見て頂いて、最終的にミスマッチのないように決めてもらいたいなと思っています。

(4)入職後の教育体制について

ー高卒で入られる社員にどのように成長してほしいですか?

辻様:
高校生は何も知らない状態で入るので、最初は基本を学んで、たくさん先輩に教えてもらって吸収してほしいです。
錦秀会では、入社後はまず3日間の集合研修を行います。集合研修では法人概要、倫理、個人情報など、社会人として基本的な内容を学びます。その後に各配属先にて、体の使い方、患者さんの移乗など介護職での基本を学んでいきます。その後、実習でおむつ交換や体位変換などを実践していきます。
配属後は、1人の先輩介護士がマンツーマンで指導するプリセプター制度を設けており、未経験や無資格の方でも不安にならないように1人ずつ丁寧な指導を行っています。法人全体で教育する体制をとることで、新卒で入られた方の繊細な心のサポートに繋がっています。

介護職としてステップアップを目指す方は、着実に初任者研修や実務者研修を受けて、最終的には「介護福祉士」になってほしいと思います。
錦秀会では、介護職で入職された方であっても、色んな選択肢があります。介護職だけでなく、看護師やリハビリ、栄養士など様々な職種に関して学ぶ場があります。グループ内に看護学校を運営しているので、介護職で入職した後、看護学校に入学し、看護師の資格を取り職種変更して活躍されている方も多くいます。看護師以外の専門職(リハビリなど)にチャレンジしている方もいらっしゃいます。自分に一番合った職種でステップアップして成長して頂けたらなと感じています。
まずは関心を持って、調べることで色んな発見をして、新しい目標を見つけてください。色んな選択肢の中で、自分の進みたい道をみつけて医療福祉の業界で活躍してほしいなと思います。学んだあとは、ぜひまた錦秀会に戻ってきてほしいですね!

 

ありがとうございました。

インタビューご協力:医療法人錦秀会様

ジンジブでは全国3,000社以上の企業様の高卒採用をサポートしています。 採用を成功させたいとお考えの企業様はまずはお気軽にお問い合わせやセミナーにご参加ください。

<外部リンク:成功事例インタビューをご紹介

<外部リンク:株式会社ジンジブ>高卒採用の基本を完全網羅<参加無料>ジョブドラフトセミナー

21年卒採用の成果を上げる無料セミナー

ジンジブお役立ち情報ページ
人事が知るべき成果を4倍にする!高卒採用ポイントセミナー

ランキング

高卒採用を始める前に必ず知っておくべきポイント ~活動スケジュールを把握しよう2021年卒~

合わせて読みたい: 【高卒採用へのコロナウイルス影響は?】21年卒高校生の新卒採用の動向はどうなるの…

続きを読む

高卒採用準備編 ~まずはハローワークへ求人票登録を!~

高校生の採用活動は7月の求人票公開から本格的に始まります。スタートダッシュに出遅れないように、事前準…

続きを読む

高卒採用の「一人一社制」ってどんなルールなの?

高卒採用のルールといえば、「一人一社制」がその大きな特徴です。 「一人一社制」とは、企業が自社への応…

続きを読む

高卒採用は面接のルールが厳しいというのは本当?♯人事の気になる調査!

高校生の新卒採用は通年9月5日に応募が解禁されます。夏休み中に数社の職場見学に参加した高校生たちが、…

続きを読む

知ってますか?高卒採用の“二次募集”の正しい戦い方

高卒採用 9月からいよいよ応募・選考が開始! “一次募集”“二次募集”高卒採用にこのような時期がある…

続きを読む

注目のキーワード