注目のキーワード

高卒採用1年目。採用成功の秘訣は「共に考える時間を創れたこと」。【高卒採用成功事例 株式会社ジャンプコーポレーション様】

高卒採用を支援するジョブドラフトへ掲載した企業の担当者に体験談を聞く、高卒採用成功事例シリーズ。

今回は、テレビなどの映像コンテンツの企画立案及び制作を手掛ける、株式会社ジャンプコーポレーションの採用他党である里吉様に、高卒採用初年度の活動内容についてお話を伺いました。

目次

(1)高卒採用を始めたキッカケ
(2)2020卒の採用活動について
(3)ジョブドラフトを通しての採用活動
(4)新卒で採用したスタッフに期待すること
(5)今後の採用活動について

<外部リンク:株式会社ジンジブ>高卒採用の基本を完全網羅<参加無料>ジョブドラフトセミナー

(1)高卒採用を始めたキッカケ

これまで高卒採用に挑戦しなかった理由は、「未成年者を採用すること」に大きな壁を感じていたからです。仕事上、作業が深夜まで及んでしまうことも多い中で、なかなか一人ひとりに目を配る余裕がない、ということが大きな課題でした。そこでまずは社内の教育体制を見直し、新卒教育はもちろん、教育する側のスタッフの強化を図りました。教育の地盤が固まってきた中で、さらなる試みとして、今年から借り上げ社宅制度を導入しました。全国どのエリアからであっても、安心して東京に出てこられる環境、かつ安心して働いてもらえる環境をつくりました。会社へ通いやすい場所で物件を選定しているので、仕事に打ち込める環境であると考えています。これらの施策を通し、会社として若手人材を受け入れ、育てる体制が整ってきたと判断し、高卒採用に挑戦する決断をしました。

 

(2)2020卒の採用活動について

初めての高卒採用でしたが、職場見学は30名以上、応募も20名以上、最終的に4名の採用に成功しました。2020年卒は8月以降の動き出しとなり後れをとってしまうかと不安に感じていたのですが、掲載初日から全国から問い合わせをいただきました。多くの高校生に求人を見ていただけたと実感しました。

職場見学を実施した際には、多くの工夫をしました。少人数の職場見学を多く開催し、参加してくださった高校生と密にコミュニケーションをとることのできる環境をつくりました。そうすることで、高校生が知りたいと思っていること、やりたいと思っていることを深くまでヒアリングすることができました。その内容を聞いた上で、「ジャンプコーポレーションだったらこんな働き方ができるよ」と、一緒に将来を考える時間をもてたことが、採用成功に大きくつながったと思っています。一方的な説明で終えるのではなく、「共に考える時間」を大事にしました。

<外部リンク:株式会社ジンジブ>高卒採用活動の基本をおさえる<参加無料>ジョブドラフトセミナー

 

(3)ジョブドラフトを通しての採用活動

「新卒採用=ナビに掲載する」というイメージがあったので、高卒採用を始めると決めた時、まずはインターネットで高卒採用に関するナビ掲載のサービスを検索しました。色々と調べていく中で、高卒採用市場で一番だと思えるサービスがジョブドラフトでしたので、導入を決定しました。

高卒採用初年度はノウハウがなく、何から始めれば良いのか分からない状態でしたので、ジョブドラフトのノウハウ提供、担当スタッフの方のサポートは非常に心強いものでした。採用活動を進める上で、ジョブドラフトを利用して成果につながったと思うポイントは、高卒採用専門の会社パンフレットを制作していただいたことです。企業向けのパンフレットはこれまでも制作したことがありましたが、内容はあくまで会社向け。ジョブドラフトのおかげで、高校生目線で見たときに魅力的にうつるパンフレットに仕上げることに成功しました。

また、そのパンフレットを活用した上で、ターゲットとなる学校に求人票を発送していただいたことも、成果につながったと感じています。高卒採用初年度で右も左もわからない中、ジョブドラフトにターゲットとなる高校を選定してもらい、求人票の発送を実施しました。反響を多くいただけたので、成果を実感しています。

 

(4)新卒で採用したスタッフに期待すること

社会人になったら「高卒」ということは関係がありません。周りからは大卒も高卒も一律で見られてしまいます。そして高卒は専門学校卒より2年、さらに大卒より4年も早くキャリアをスタートさせることができます。このチャンスを「高卒」というご自分でつくった枠におさまることなく活かしてほしいと思います。

その一方で、10代という若さを最大限に活かしてほしいという思いもあります。現役の学生に一番近く、若い人たちの感覚が分かるはずです。その中で、皆様にしか考えられないような、思いつかないような企画を考えてほしいと願っています。「若い人はテレビを見ない」と言われている時代だからこそ、若い世代が見て「おもしろい」と感じる番組をつくって下さい。今流行っていること、興味があること、友だち同士で盛り上がっていることなどを取り入れながら、面白い企画をどんどん考えて、発信していってくださることを期待しています。

 

(5)今後の採用活動について

高卒採用をする前は、高校生はまだまだ子どもだと思っていました。しかし、2020年卒から初めて高卒採用を実施し、いい意味で予想を裏切られる結果となりました。高校を卒業して就職という道を選ぶ方々は、モチベーションの高い方が多く、社会人になることに対して積極的で非常に頼もしいと感じています。

私達の仕事は、影響力が大きく、他人の人生を変えることすらできる可能性のある仕事です。仕事を通じて普段会えないような人にも会うことができ、毎日違う仕事に挑戦し、毎日が勉強、毎日が刺激的です。自分自身も、周りにいる人たちも豊かにすることができる仕事です。若いスタッフも多く、活気のあふれる職場ですので、今後もさらに若手人材の採用を強化し、社員が働きやすく魅力的な会社づくりを進めていきたいと思っています。

 

インタビューご協力:株式会社ジャンプコーポレーション様

ジンジブでは全国3,000社以上の企業様の高卒採用をサポートしています。 採用を成功させたいとお考えの企業様はまずはお気軽にお問い合わせやセミナーにご参加ください。

<外部リンク:成功事例インタビューをご紹介

<外部リンク:株式会社ジンジブ>高卒採用の基本を完全網羅<参加無料>ジョブドラフトセミナー

21年卒採用の成果を上げる無料セミナー

ジンジブお役立ち情報ページ
人事が知るべき成果を4倍にする!高卒採用ポイントセミナー

ランキング

高卒採用を始める前に必ず知っておくべきポイント ~活動スケジュールを把握しよう2021年卒~

合わせて読みたい: 【高卒採用へのコロナウイルス影響は?】21年卒高校生の新卒採用の動向はどうなるの…

続きを読む

高卒採用準備編 ~まずはハローワークへ求人票登録を!~

高校生の採用活動は7月の求人票公開から本格的に始まります。スタートダッシュに出遅れないように、事前準…

続きを読む

高卒採用の「一人一社制」ってどんなルールなの?

高卒採用のルールといえば、「一人一社制」がその大きな特徴です。 「一人一社制」とは、企業が自社への応…

続きを読む

知ってますか?高卒採用の“二次募集”の正しい戦い方

高卒採用 9月からいよいよ応募・選考が開始! “一次募集”“二次募集”高卒採用にこのような時期がある…

続きを読む

高卒採用は面接のルールが厳しいというのは本当?♯人事の気になる調査!

「高卒の採用ルールが厳しい」のは本当か? 高校生の新卒採用は9月5日に応募が解禁されます。夏休み中に…

続きを読む

注目のキーワード