注目のキーワード

7月1日求人解禁!求人解禁されてから高卒採用担当が意識すべきポイント

2020年06月09日

現状、2020年は例年通り7月1日(水)に学校求人情報が解禁されるようです。高卒採用を行う企業は求人情報解禁の7月1日以降、一人でも多くの高校生、先生に求人内容を届ける活動が必要になります。

本記事では、求人解禁後の高卒採用活動として非常に有効な手法である『求人票の発送』『高校訪問』『職場見学』についてポイントをまとめました。

目次

(1)求人解禁後の高卒採用活動
(2)求人票発送・高校訪問のポイント
(3)職場見学のポイント
(4)まとめ

<外部リンク:株式会社ジンジブ>高卒採用の基本を完全網羅<参加無料>ジョブドラフトセミナー

(1)求人解禁後の高卒採用活動

高卒採用では、例年7月月初に求人の解禁が行われ、全国の高校にハローワークを通じて企業の求人情報が届きます。2020年においては、7月1日(水)に求人が解禁になるようです。求人解禁後の高卒採用活動の大まかなスケジュールを以下にまとめました。

※2020年6月11日に選考スケジュールの変更が発表されました。下記の通り1ヶ月後ろ倒しされます。

2020年7月1日   学校求人情報解禁 ※変更なし

2020年10月5日  学校から企業への応募書類提出開始 (沖縄県は9月30日)

2020年10月16日 企業による選考開始

高卒採用を行う企業は、10月5日の「応募開始」に向けて、一人でも多くの高校生や先生に求人情報を届ける必要があります。では、求人を届ける手法としてどのようなものがあるのでしょうか。

求人解禁後の高卒採用活動

・求人票の発送

・高校訪問

・合同企業説明会

・職場見学

求人解禁後、応募数を増やすための活動は大きく分けて上記の4点があげられます。特に2020年度は、コロナウイルスの影響もあり一部地域では「合同企業説明会の中止」など求人を生徒に知ってもらえる機会が減ることが予想されます。高校生や先生に求人情報をお届けすることができる「求人票発送」「高校訪問」「職場見学」については、例年以上に「質」と「量」にこだわって活動していくことが重要になります。弊社の観点にはなりますが、コロナウイルスの影響がある今年度の高卒採用だからこそ気を付けるポイントも併せてお伝えしますので、是非チェックしてみてください。

(2)求人票発送・高校訪問のポイント

「求人票発送」と「高校訪問」におけるポイントは以下の4点です。

①「誰が」
②「いつ」
③「どれくらいの量」
④「どの学校に」

両活動は、7月1日の求人解禁と同時に活動が可能です。他企業との差別化を計るためにも「誰が」「いつ」「どれくらいの量」「どの学校に」を求人解禁の前に決めておくようにしましょう。また、その際に「達成可能な目標」か「行動は具体的に計画できているか」を意識することが大切です。自社のマンパワーと採用力を客観的に鑑みて、実現可能なスケジューリングを行いましょう。

 

コロナウイルスの影響がある今年度の高卒採用だからこそ気を付けるポイント

高校の先生方も企業の採用意欲が減退してしまうのではないかと不安を抱いています。また、今年は例年以上に高卒で就職を選択する高校生が増える可能性もあります。自社がどれだけ積極的に採用活動をしているかを示す為にも、高校への求人票発送はこれまで以上に力を入れた方が良いでしょう。

求人票発送は例年より数・質共に増やす!

例)質を上げる方法として、パンフレットの制作にこだわって求人票と一緒に送る等

(3)職場見学のポイント

次に「職場見学」のポイントを押さえます。昨年度、弊社が主催している高卒1年目向け定着支援研修「ルーキーズクラブ」のアンケート結果によると高校生は1人あたり平均2社の職場見学に行くことが分かりました。(アンケート対象:19年卒高卒1年目社員69名)つまり、職場見学からの平均応募率は約50%ということになります。そんな職場見学において、職場見学に来てくれた高校生からの応募率を高めるポイントを以下に3点纏めました。

①社内が一丸となり、高校生を明るく迎えること

②誰が、どのように説明を行うか社内で事前に決めておくこと

③社員の表情や発言、社内の整理整頓など、細部まで気を抜かないこと

総じて「雰囲気の良い職場づくり」を心掛けることが大切です。同調査で、「どんな会社だと応募したくなくなるか」を聞いたアンケートによると以下のような結果になりました。

企業の魅力を伝えることはもちろん大切なことですのが、高校生が職場見学の際に最も気にしている点は「企業の雰囲気」「社員の態度」のようです。一人一人の態度や発言、社内の環境が高校生の応募に影響を及ぼします。社員一丸となり、細部まで気を抜かないことを心掛けましょう。

 

コロナウイルスの影響がある今年度の高卒採用だからこそ気を付けるポイント

例年7月、8月をメインに実施されていた職場見学会ですが、休校の影響で夏休みに授業を実施する高校が出てくる可能性もあります。また、第二波の影響がどうなっているかによって高校側・企業側の動き方も変わってくるでしょう。対面で実施する場合、どのようにコロナウイルス対策を行うのかを、今の時点から考え、準備をしておくことをおすすめします。更に、オンラインで職場見学会を実施できる仕組みを準備しておくと、他社との差別化を図っていけるでしょう。

職場見学のコロナウイルス対策を行う!

例)職場見学のオンライン化、職場見学時の衛生管理の徹底

<外部リンク:株式会社ジンジブ>2021年度“採用成果が2倍上がる”求人票の作り方<参加無料>ジョブドラフトセミナー

(4)まとめ

以上が、求人解禁後の高卒採用における採用活動として非常に有効な手法である『求人票の発送』『高校訪問』『職場見学』についてのポイントです。

今年度はコロナウイルスの影響により高卒採用にも「イベントの中止」や「採用スケジュールの若干の遅れ」など影響が出ています。採用活動を不安に思う企業も多いかと思いますが、それ以上に学校現場では「求人の数」や「生徒が望む企業に行かせてあげられるのか」など、不安に思われている先生が大多数いらっしゃいます。今回ご紹介した採用活動3点は基本の活動になりますが、1校でも多くの高校に求人情報を届けられるよう、改めて基本の徹底を行い有意義な採用活動を行えるようにしましょう。

皆様の採用活動が少しでも良いものになることを願っております。

 

ジンジブでは全国2,500社以上の企業様の高卒採用をサポートしています。
採用を成功させたいとお考えの企業様はまずはお気軽にお問い合わせやセミナーにご参加ください。

<外部リンク:株式会社ジンジブ>高卒採用お役立ち資料

<外部リンク:株式会社ジンジブ>高卒採用の基本を完全網羅<参加無料>ジョブドラフトセミナー

21年卒採用の成果を上げる無料セミナー

ジンジブお役立ち情報ページ
人事が知るべき成果を4倍にする!高卒採用ポイントセミナー

ランキング

高卒採用を始める前に必ず知っておくべきポイント ~活動スケジュールを把握しよう2021年卒~

合わせて読みたい: 【高卒採用へのコロナウイルス影響は?】21年卒高校生の新卒採用の動向はどうなるの…

続きを読む

高卒採用準備編 ~まずはハローワークへ求人票登録を!~

高校生の採用活動は7月の求人票公開から本格的に始まります。スタートダッシュに出遅れないように、事前準…

続きを読む

高卒採用の「一人一社制」ってどんなルールなの?

高卒採用のルールといえば、「一人一社制」がその大きな特徴です。 「一人一社制」とは、企業が自社への応…

続きを読む

高卒採用は面接のルールが厳しいというのは本当?♯人事の気になる調査!

高校生の新卒採用は通年9月5日に応募が解禁されます。夏休み中に数社の職場見学に参加した高校生たちが、…

続きを読む

知ってますか?高卒採用の“二次募集”の正しい戦い方

高卒採用 9月からいよいよ応募・選考が開始! “一次募集”“二次募集”高卒採用にこのような時期がある…

続きを読む

注目のキーワード