注目のキーワード

逆求人とは? 仕組みから企業側のメリットまで

2021年05月20日

近年、企業の間で注目を集めている人材採用の手法が逆求人です。求職者と企業、どちらにもメリットがある方法といわれており、この手法で人材を採用しようとする企業が増えています。

本記事では、逆求人の意味や仕組み、メリットを解説します。人材採用に課題を感じている企業経営者や、採用担当者の方はぜひ参考にしてください。

1、逆求人とは?

採用活動におけるトレンドとして注目を集めているのが逆求人です。今後、この手法を取り入れて人材を獲得したいと考えているのなら、どのような手法なのか、なぜこれほど普及し始めたのか、概要を理解しておきましょう。

逆求人とは何か

一般的な就職活動とは、企業が人材を募集し、応募してきた学生が自身の強みやスキルをアピールし、その中から企業がよいと思う人材を選定するスタイルでした。
これまでは学生側が入社したい企業へアプローチしていましたが、逆求人では企業側が求職者へアプローチします。ここがもっとも大きな違いといえるでしょう。

なお、これはダイレクトリクルーティングと呼ばれる手法に属します。日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、海外においては一般的な人材採用の手法として認知されています。SNSや人材バンクなどを活用し、自社にマッチしそうな人材へ、ピンポイントでアピールする手法です。

逆求人が普及した背景

逆求人が普及した背景には、就職したい学生の数より、人材を獲得したい企業が多い売り手市場の到来によるものと考えられます。求職者側が優位に立っており、より自分の力を発揮できる職場、条件のよい企業への就職を求める学生が増えたのです。

また、近年ではダイバーシティ経営の概念が企業に広まりつつあります。これは、学歴や価値観などにこだわらず多様な人材を獲得し、生産性向上につなげようとする考え方です。これまで、企業の多くは自社に興味がある人、働きたい人を中心に採用してきました。逆求人では、専門性の高いスキルを有していたり、独特の価値観や考え方を持つ人材などを採用したりすることで、企業によい影響を与えられる可能性を見出したのです。


2、逆求人の仕組み

従来では、企業がハローワークや求人サイトで人材を募り、学生が応募する流れが一般的でした。では、逆求人ではいったいどのような仕組みとなるのでしょうか。以下、この手法における仕組みについて解説します。

逆求人サイトの仕組み

一般的な求人サイトと逆の仕組みを採用しているサービスが、逆求人サイトです。学生は、サイトに自身のプロフィールやPRを登録し、企業は自社にマッチする人材を検索します。

企業は、条件を絞って自社にマッチする人材を検索し、見つけられればオファーを出します。オファーされた学生は、その企業に興味がある場合は話を聞き、面接や入社試験など次のステップへ進みます。

現在では、このようなシステムのサイトがいくつかあります。たとえば、代表的なところでは参加企業数が多い「Offer Box」(オファーボックス)が挙げられます。大手に属するサイトのひとつで、導入費無料の完全成功報酬型サービスです。また、人材サービス大手のアイデムが運営している「JOBRASS(ジョブラス)新卒」は、1~2年次の学生にもアプローチできると好評です。

逆求人イベントの仕組み

従来における就活イベントの、逆バージョンだと考えるとわかりやすいでしょう。会場にブースを構えるのは企業ではなく学生で、人材を求める企業は気になるブースに足を運びアプローチします。

学生とマンツーマンでコミュニケーションをとるケースもあれば、少人数で話し合いを行うこともあります。企業は、1日でさまざまな学生とコンタクトが取れ、自社で活躍できそうな人材を発掘できる可能性が広がります。

こうしたイベントは、現在全国各地で開催されています。株式会社ジースタイラスが運営している逆求人フェスティバルや、キミスカ運営事務局が運営するキミスカLIVE、株式会社アイデムのJOBRASS新卒逆求人イベントなどが挙げられます。

《併せて読みたい:【新卒・中途】採用要件の設定方法!ミスマッチ採用をなくし優秀な人材を獲得しよう!》

3、逆求人の企業側のメリットとは?

 

 

企業は、このシステムを導入しようと考える前に、どのようなメリットを得られるのかを把握しておきましょう。意欲ある学生と出会える可能性がある、コストと負担を軽減できる、従来接点のなかった学生へアプローチできる、といったメリットが代表的です。詳しく見ていきましょう。

意欲ある学生と出会うことができる

企業からのオファーを待ち、選定しようと考えている就活生は、自分に強い自信を持っているケースが少なくありません。企業にアピールできるだけのスキルを備えていることが多いため、優秀な人材を獲得できるチャンスに恵まれます。

また、逆求人のシステムを利用する学生は、自分を売り込もうとする意欲が高いため、積極性のある人材の獲得につながります。ミスマッチにさえならなければ、モチベーションを高く保って働いてくれるため、自社の成長や業績拡大に貢献してくれるでしょう。

従来の人材採用では、学歴を重視する傾向がありました。しかし、学歴だけではその人物の本当の能力や考え方、魅力などが判断できません。逆求人なら、学歴以外のさまざまな情報を確認できるため、その企業にとって真に優秀な人材の獲得が可能です。

コストと負担を抑えることができる

従来の人材採用においては、会社説明会を開催したり広告・広報活動をしたりと、多大なコストが発生していました。説明会の準備や広告制作にも多大な時間を費やし、膨大な数の応募者を審査する手間も発生していたのです。

逆求人なら、こうしたコストや負担を軽減できます。サイトの利用やイベントへの参加で人材を発掘できるため、これまでのように膨大な時間とコストを費やすことがありません。採用活動に割く人員はもちろん、時間も大幅に削減できるため、効率的な人材発掘ができます。

従来接点のなかった学生も集められる

これまでの手法では、自社に興味がある人材しか応募してきませんでした。しかし、逆求人なら、あらゆる学生と接点をもてるというメリットがあります。
自社に興味を持っている学生が、必ずしも組織に貢献してくれるとは限りません。逆に、自社をまったく知らない学生でも、組織の発展に大きく貢献してくれる能力を有していることがあります。逆求人なら、このような人材の発掘も可能です。

また、従来の方法では、大企業や有名企業に応募が殺到してしまい、規模の小さな企業は不利な状況に立たされてきました。企業が学生へオファーを出してスカウトするシステムでは、このような心配もありません。大企業も中小企業も、平等にチャンスが巡ってくるのです。

4、実は高卒に逆求人に通じるメリットがある!

大卒の人材が、必ずしも企業にマッチし成長や発展に貢献してくれるとは限りません。高卒人材でも、育成次第では組織に大きく貢献してくれる可能性があります。
高卒採用においては、企業から学生へアプローチするようなシステムはありません。特有の一人一社システムがあるため、学生は学校推薦を受ける形で一社へ応募し、内定が得られなかったら次の企業へ応募する、という流れで就活が進みます。
つまり、高卒採用の一人一社システムは、自然とマンツーマンでのコミュニケーションが実現しているのです。

高卒の人材なら、個別にしっかりとコミュニケーションがとれるため、自社にマッチした人材の獲得を実現できます。企業の規模に関係なく採用のチャンスに恵まれるため、この機会に高卒採用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 


まとめ

逆求人サイトやイベントを活用すれば、コストや手間の負担を軽減でき、多様な人材とも出会えます。意欲的かつ優秀な人材の獲得にもつながるため、逆求人を活用した人材採用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

また、最後にお伝えしたように、高卒採用も逆求人と同じようなメリットが得られます。一人一社システムがある高卒採用も、多様な人材との出会いや1対1でのやり取りが可能で、自社にマッチした人材を獲得できるチャンスが広がります。高卒の採用活動も、この機会に視野へ入れてみましょう。

 

株式会社ジンジブでは全国3,500社以上の高校生の新卒採用をサポートしています。高卒採用初年度の企業様でも安心して採用活動を進めていただけるよう、基本的なことから支援するサービスを行っています。それぞれの企業様の高卒採用経験歴や採用状況に合わせたノウハウセミナーも実施しておりますので、お気軽にご参加ください。

21年卒採用の成果を上げる無料セミナー

ジンジブお役立ち情報ページ お問い合わせ
人事が知るべき成果を4倍にする!高卒採用ポイントセミナー 資料ダウンロード メルマガ会員登録

ランキング

高校生の新卒採用を始める前に必ず知っておくべきポイント ~活動スケジュールを把握しよう2021年卒~

大卒採用の競争が更に激化する今、新卒採用を行う企業にとって、採用のターゲットを大卒だけに絞っていては…

続きを読む

高卒採用準備編 ~まずはハローワークへ求人票登録を!~

高校生の採用活動は7月の求人票公開から本格的に始まります。スタートダッシュに出遅れないように、事前準…

続きを読む

高卒採用の「一人一社制」ってどんなルールなの?

高卒採用のルールといえば、「一人一社制」がその大きな特徴です。 「一人一社制」とは、企業が自社への応…

続きを読む

高卒採用は面接のルールが厳しいというのは本当?♯人事の気になる調査!

高校生の新卒採用は通年9月5日に応募が解禁されます。夏休み中に数社の職場見学に参加した高校生たちが、…

続きを読む

知ってますか?高卒採用の“二次募集”の正しい戦い方

高卒採用 9月からいよいよ応募・選考が開始! “一次募集”“二次募集”高卒採用にこのような時期がある…

続きを読む

注目のキーワード