注目のキーワード

高校生新卒者の10月末の就職内定率は80.4%、就職希望者は11%減。文部科学省・令和3年3月新規高等学校卒業予定者の就職内定状況 (令和2年11月末現在)」を公表

2021年01月21日

文部科学省から、令和3年3月に高校を卒業する高校生について、令和2年11月末現在の新規高等学校卒業予定者の就職内定状況が公表されました。

高校生の就職希望者、内定者数、内定率などの結果の概要を確認しましょう。

(1)高校生の就職希望者数・就職内定者数

卒業予定者 1,019,866人(前年同期 1,048,085人)

就職希望者 162,195人(前年同期 182,639人)

うち就職内定者 130,435人(前年同期 141,074人)

うち未内定者 31,760人(前年同期 41,565人)

就職希望者が前年同期と比較し、11%減少しています。
新型コロナウイルスの影響を懸念し進路を進学に変更した生徒が含まれると言われています。

(2)高校生の就職内定率(就職希望者に対する就職内定者の割合)

内定率 80.4%(前年同期比 3.2ポイント増)

○男女別

男子 82.3%(前年同期比 4.2ポイント増)

女子 77.3%(前年同期比 1.5ポイント増)

○学科別(内定率が高い順)

工業 90.8%、看護 89.5%、商業 84.9%、福祉 83.8%、農業 82.9%、水産 81.9%、家庭 79.1%、総合学科 77.1%、情報 75.2%、普通 69.8%

※「その他」の学科は除く。
※「看護」に関する学科は看護師5年一貫課程が主となるため、5年課程5年次の就職内定率を示している。

○都道府県別

内定率の高い県:富山県 93.4%、三重県 90.3%、島根県 90.1%、福井県 89.6%、石川県 88.6%、岐阜県 88.2%

内定率の低い県:沖縄県 58.0%、神奈川県 66.5%、大阪府 70.6%、東京都 70.9%、北海道 70.9%

 

※調査対象:国立私、公立、立の高校(全日制・定時制)

※例年の調査では10月末の状況について取りまとめられていますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、選考開始時期が1ヶ月後ろ倒しになったことを踏まえて、本年度は調査時点を11月末に代えて取りまとめています。

※厚生労働省も高校生の就職内定状況について類似の調査を行っていますが、これは学校及び公共職業安定所(ハローワーク)を通して求職している者のみを調査対象としています。一方、文部科学省による本調査は、就職を希望する者全員を対象としており、公務員や自営業者を含み母集団が大きくなります。

 

21年卒採用の成果を上げる無料セミナー

ジンジブお役立ち情報ページ お問い合わせ
人事が知るべき成果を4倍にする!高卒採用ポイントセミナー 資料ダウンロード メルマガ会員登録

ランキング

最新!高校生の新卒採用を始める前に必ず知っておくべきポイント ~活動スケジュールを把握しよう2022年卒~

大卒採用の競争が更に激化する今、新卒採用を行う企業にとって、採用のターゲットを大卒だけに絞っていては…

続きを読む

高卒採用に必要!ハローワークで求人票を登録する際の注意点を紹介

高校生の採用活動は7月の求人票公開から本格的に始まります。スタートダッシュに出遅れないように、事前準…

続きを読む

高卒採用の「一人一社制」ってどんなルールなの?

高卒採用のルールといえば、「一人一社制」がその大きな特徴です。 「一人一社制」とは、企業が自社への応…

続きを読む

高卒採用における合否通知のルールとは

多くのルールの中で進める「高卒採用」 面接が終了した後の合否通知には何かルールや決まりは、あるのでし…

続きを読む

知ってますか?高卒採用の“二次募集”の正しい戦い方

高卒採用 9月からいよいよ応募・選考が開始! “一次募集”“二次募集”高卒採用にこのような時期がある…

続きを読む

注目のキーワード