注目のキーワード

高校生の求人倍率 2.52 倍、求人数は前年同期比 4.0%増で9年連続の上昇!厚生労働省・令和元年度「求人・求職とりまとめ」を公表

2019年09月06日

高校生の求人倍率は 2.52 倍、求人数は前年同期比 4.0%増!

厚生労働省では、令和2年3月に高校を卒業する生徒について、令和元年7月末現在の公共職業安定所(ハローワーク)求人における求人・求職状況を取りまとめの発表を行いました。(とりまとめの対象は、学校やハローワークからの職業紹介を希望した生徒です。)

公表内容と、求人数、求人前年比、求職者数、求人倍率を都道府県ごとにランキング付けしました。

求人数・求職者数・求人倍率

求人数     約44万3千人 (前年同期比4.0%の増)
求職者数    約17万6千人 (前年同期比2.1%の減)
求人倍率           2.52倍     (前年同期比0.15ポイントの上昇)

都道府県別ランキング

〇 求人数ランキング

1位 東京都 49,925人
2位 愛知県 38,372人
3位 大阪府 35,390人
4位 福岡県 17,715人
5位 埼玉県 16,340人

〇 求人数前年対比ランキング

1位 沖縄県  12.1%増
2位 高知県  12%増
3位 和歌山県 11.9%増
4位 山梨県  10.3%増
5位 滋賀県  10.2%増

〇 求職者ランキング

1位 愛知県 11,890人
2位 大阪府 7,879人
3位 北海道 7,862人
4位 福岡県 7,381人
5位 静岡県 7,097人

〇 求人倍率ランキング

1位 東京都 7.51倍(前年同期比0.46ポイント増)
2位 大阪府 4.49倍(前年同期比0.50ポイント増)
3位 愛知県 3.23倍(前年同期比0.10ポイント増)
4位 広島県 3.08倍(前年同期比2.99ポイント増)
5位 香川県 2.99倍(前年同期比0.30ポイント増)

まとめ

令和2年卒業の高校生の就職希望人数は、約17万6千人と前年同期比と比較して減少しており、求人数は約44万3千人と、6県を除きほとんどの都道府県で上昇しています。
求人倍率は 2.52 倍で、9年連続の上昇傾向です。

job-draft-banner

ランキング

高卒採用を始める前に必ず知っておくべきポイント ~活動スケジュールを把握しよう~

※2019.4.24 更新 求人数は6年間で倍増!今、高卒採用が見直されている。 新卒採用を行う企業…

続きを読む

高卒採用準備編 ~まずはハローワークへ求人票登録を!~

高校生の採用活動は7月の求人票公開から本格的に始まります。スタートダッシュに出遅れないように、事前準…

続きを読む

高卒採用の「一人一社制」ってどんなルールなの?

高卒採用のルールといえば、「一人一社制」がその大きな特徴です。 「一人一社制」とは、企業が自社への応…

続きを読む

知ってますか?高卒採用の“二次募集”の正しい戦い方

高卒採用 9月からいよいよ応募・選考が開始! “一次募集”“二次募集”高卒採用にこのような時期がある…

続きを読む

高卒採用は面接のルールが厳しいというのは本当?♯人事の気になる調査!

「高卒の採用ルールが厳しい」のは本当か? 高校生の新卒採用は9月5日に応募が解禁されます。夏休み中に…

続きを読む

注目のキーワード