注目のキーワード

“職場見学に行って「どんな仕事がやりたいか?」を考えるようになった” CASE2 通信制高校卒のキモチ

2018年05月31日

高卒採用において、高校生の気持ちを理解することは重要ですね。
「高校生のキモチ」では、「就職活動どんな風に進めたの?」「どんな不安を持っているの?」「正直、企業のどこを見ていた?」など、採用活動シーンでは聞きにくいことを、インタビュー形式でお伝えして行きます。
「高校生のキモチ」2回目の今回も、2018年4月に株式会社ジンジブに入社した“高卒ルーキー”に、就職活動にまつわる話を聞いてきました。伊藤さんはジンジブで運営する、高卒求人情報サイト「JOBドラフト」のユーザーだったそうです。

CASE2 通信制高校卒の伊藤さん

将来の後輩や読者のため、色々と聞きますね!よろしくお願いします。

伊藤さんは通信制高校出身ですよね、どんな学校生活でしたか?

通信制高校には様々な学び方がありました。私の高校では、キャンパスに通学する「スクーリング」が週5~2日・週1日・自宅学習コースがあります。私は、週4コースを選択していました。1時間が1単位になり、テストを加味して成績が決まります。スクーリングは午前・午後・フルと時間帯を選べます。時間割はなく、好きな教科の課題レポートを解き、郵送で提出します。1ヶ月かけて12枚ほどの課題を終わらせる感じです。教科によって、例えば体育は変わっていて、ボウリング・ウォーキング・ピラティスなど、年に3回イベントに出席するか、好きな競技のレポート提出で単位が取れました。
私は2年生で卒業に必要な単位を取り終え、一人暮らしの準備資金をしようとアルバイトを始めました。アルバイトは週1~2日、居酒屋とスーパー2つの、3つ掛け持ちをしていました。

単位取得は2年生で終えたのですか。そして将来の準備。伊藤さん、すごいですね!

高卒で就職の決意と準備期間

「高校卒業して就職しよう」と決めたのはいつですか?

通信制高校に入学してすぐです。私はチューバをやっていて、音楽コースのある全日制高校に通っていました。ところが、徐々に聴力が悪くなって来たんです。音大進学するには浪人も当たり前で、音大を卒業したとしてもチューバ演奏を仕事にすることも厳しい世界です。
高校では、社会人マーチングバンドの団体に所属していたので、何も学校でなくても音楽はできることに気がついたんです。経済的な面も考え、音大ではなく、就職して楽器も続けたいと思い、通信制高校に転入を決めました。所属の社会人マーチングバンドの団体には高卒の方もたくさんいましたし、そこに「夢はあるな」と思いました。

就職活動まではどんな準備をしましたか?

転入後から2年生の中旬までは公務員になろうと公務員試験の勉強をしていました。専門学校に進学した先輩から、「試験に受かれば公務員の仕事が必ずあるわけではなく、一般企業と並行して就活する必要がある」と聞き、2年生の後半からは企業探しを始めました。

学校には相談しましたか?

やりたいことが見つからないことも含めて相談はしていました。高卒の就活は、求人情報の解禁時期が遅いので、あらかじめ自分でも探そうと、インターネットで「JOBドラフト」を見つけました。最初はJOBドラフトで企業探しをするユーザーでした。

企業探しの基準は?

仕事内容ではなく、社風重視、“風通しの良い会社”で探しました。求人サイトを見るのも楽しくて、不動産、リノベーション、フィットネス、ジュエリーの会社など5~6社に職場見学もいきました。

就職活動を始めて感じたこと

職場見学に行ってみてどうでした?

面白かったです。普段行かないようなお店・現場で接客を見せてもらいました。案内してくれたのが新人社員の方で、これまで楽しかったことなど、年齢が近いため参考になりました。
しかし見学に行くことで、「自分はどんな仕事がやりたいか?」「どんな働き方がいいか?」と考えるようになりました。
事務職のような、デスクワークはイメージがわかず販売職を見ていましたが、私にとって「マーチングバンドを続けること」も重要で、土日休みの仕事が良いということもわかりました。

他に見たポイントは?

人事や高校生担当の方がどんな人かを見ていました。会社の雰囲気、社員さんが楽しそうに働いているか、会社に入った瞬間から見ていましたね。

会社側も見られているんですね。

志望企業(ジンジブ)との出会いは?

先生から「実はJOBドラフトの会社では営業職を募集しているよ」と聞き、ジンジブに職場見学に行きました。そこで「自分がやりたい仕事かもしれない」と思えました。9月にジンジブに応募して、無事内定をいただきました。

応募や、面接の準備はどんなことをしましたか?

応募までは、資格の勉強をしました。「学歴問わず」「未経験OK」でしたが、履歴書の欄が白いのは嫌だと、秘書検定、簿記検定、カラーコーディネーターの資格を取りました。面接までは、時事用語集や、面接対策の本を2~3冊読みました。

自主的に色々準備するところはさすがです!そのやりきった“自信”が企業には伝わったと思います。

入社するまでと入社後のこと

入社まではどんな不安がありましたか?

そうですね。内定もらってからのほうが不安でした。自分にできることがまだないと自覚して、11月後半から本格的に毎日アルバイトをしました。大変でしたが、社会人はもっと大変だと思い頑張りました。

入社してから変わったこと、うれしかったことなどを教えてください。

“できない”ことは多いのですが、すごいと感じているのは会社に対して不満がないことです。先輩に質問すると、「そうだよね、わからないよね」と教えてもらえること、「できなくて当然」という雰囲気がありがたいです。
大卒の同期の存在も大きいです。入社前は、「大卒と一緒に働くと自分ができないのが目立つ」と不安でした。入社後は、同じレベルでできることが楽しいです。研修では「質問を10項目つくり、準備する」など、大卒の丁寧さや真面目さに見習う日々でもあります。
これからは、仕事と趣味を両立していきたいです。高校時代はチューバパートのリーダーでしたが、4月から管楽器全体のリーダーになりました。趣味を楽しむためにも、それ以上に仕事を充実させないといけないと感じています。

ジンジブ営業職で研修中。電話の姿も様になって来ましたね!

 

ありがとうございました!

職場見学、面接対策など、就職活動を精力的に行った伊藤さん。実際に見に行くことで、「やりたいこと」「働き方」が見えたそうです。
職場見学は高卒採用で重要なポイントになりそうです。

がんばれ、高卒ルーキー!

job-draft-banner

ランキング

高卒採用を始める前に必ず知っておくべきポイント ~高卒採用の活動スケジュールを把握しよう~

18卒の求人数は前年比倍!今、高卒採用が見直されている。 新卒採用を行う企業にとって、採用ターゲット…

続きを読む

知ってますか?高卒採用の“二次募集”正しい戦い方

高卒採用 9月からいよいよ応募・選考が開始! “一次募集”“二次募集”高卒採用にこのような時期がある…

続きを読む

高卒採用準備編 ~まずはハローワークへ求人票登録を!~

高校生の採用活動は7月の求人票公開から本格的に始まります。スタートダッシュに出遅れないように、事前準…

続きを読む

高卒採用の「一人一社制」ってどんなルールなの?

    高卒採用といえば、「一人一社制」がその大きな特徴です。 「一人一社制」と…

続きを読む

高卒採用が絶対オススメ!今更聞けない、その5つの理由とは・・・

「大卒採用は急に大手求人広告では集まらなくなったし・・・」 「最近流行りのスカウトサービスを利用する…

続きを読む

注目のキーワード