注目のキーワード

“自分の可能性を広げるため、就職を選んだ”  CASE1 工業高校卒のキモチ 

2018年05月10日

高卒採用では、高校生の気持ちを理解することは重要ですね。

「高校生のキモチ」では、「実際、どんな高校生が就職するの?」「高校ごとに違いはあるの?」「どんな不安を持っている?」「正直、企業のどこを見ていた?」など、採用活動シーンで知りたくてもなかなか聞けないことを、インタビュー形式でお伝えして行きます。

まずは、高卒採用Labを運営している、株式会社ジンジブに2018年4月に入社した高卒ルーキーの宮崎さんに就職活動にまつわる話をいろいろと聞いてきました。

CASE1:東京都内の工業高校を卒業した宮崎さん

将来の後輩や読者のため、色々と聞いていきます!よろしくお願いします。

宮崎さんの通っていた高校はどんな高校でしたか?

僕は都内の工業高等学校に通っていました。学校の特徴は、1年・2年で幅広い分野を学び、3年で専門系統を選択します。僕はコンピュータ分野を選択し、卒業研究はゲーム制作でノベルゲームを作りました。部活は写真部に入っていました。さまざまな授業を通して、僕は形のないものを作るよりも、3Dプリンタ、CADなどで“形”を作ることに興味あるんだなと感じました。

部活も含めてたくさんの分野を学んだのですね!

高卒で就職の決意と準備期間

高卒で就職をしようと決めたのはどの時期ですか?

2年生冬です。僕の高校では、3年生で系統選択をします。工業高校のエンカレッジスクール(※)なので、卒業後の進路は、就職する生徒が多く進学する生徒は珍しいので、10人いたら9人就職、1人が進学(専門学校・大学)のイメージでした。
入学当初、建築(設計・現場監督)の仕事がしたいと思っていました。進路は、就職か専門学校へ進学するんだろうなと考えていましたが、授業を通して思いのほかたくさんの職業があることに気がつきました。絵を描く、ゲーム制作など、やりたいことは変わっていきました。就職して色々触れた方がいいかなと思い、就職を希望しました。

※エンカレッジスクールとは

東京都の取り組みとして2003年度からスタートし、社会生活を送る上で必要な基礎学力を身に付けることを目的として運営されている、全日制・学年制・普通科(専門学科)の高校です。都立足立東高校、秋留台高校、練馬工業高校、蒲田高校、東村山高校の5校があります。

入試には学力試験がなく、調査書や面接、小論文、実技などで考査を行い、入学後も中間・期末などの定期試験もなく、生徒の学習に対するやる気や態度を評価します。少人数授業や、豊富な体験学習や選択授業など、生徒ひとり一人に寄り添い“力づける”“励ます”“勇気づける”指導を打ち出しています。

就職活動の準備はどのようなことをしましたか?

3年の夏休み前に「行きたい会社を見つけないとまずいぞ」と思い、学校に届いた求人票を見始めました。学校に届いた求人票は、会社名順で並んでいるので“興味のある分野”で探すのは大変でした。学校に求人検索サイトがあったので、興味のある分野を入力して、会社名を出しその会社のHPを探しました。先生からは名刺交換会に参加していた企業のお薦めもありました。

企業選びのポイントは?

建築関係・印刷・プログラミングなど、興味のある分野の会社を見ていました。僕はきれいな建物が好きなので、会社HPを見て、まずオフィスがきれいかどうか、建築会社ではどんな建物を建てたかを見ていました。次に職場の雰囲気を見て、お給料や、趣味ができる程度の休日があるかを見ていました。

学校で就活サポートはありましたか?

進路指導の先生がサポートしてくれました。授業では、学年で外部講師を招いたマナー研修・挨拶研修・女子は化粧の仕方など。面接・職場見学対策のサポートもありました。

就職活動を始めて感じたこと

次に就職活動中について聞きました。

いつから就活本番を開始しましたか?

7月の職場見学からスタートしました。夏休み中に見学した出版会社は、9月に面接で落ちてしまいます。10月にプログラミング会社、11月にジンジブとフリーペーパーの会社に行き、計4社見学に行きました。求人票の内容と、見学で説明が合致していた会社は志望度が上がりました。

面接はどうでしたか?対策などしましたか?

面接練習は先生に何回も練習してもらいました。外部の方が来てくれることもありました。面接では、”こういう質問が来るのかな?”と思って意気込みますがまったく違うのです。
「弊社を志望してくれた理由は何ですか?」とは聞かれず、「この会社に入って何がしたいですか?」という質問に困りました。
”この会社に入りたい”のみで入社後の自分をイメージできていませんでしたし、練習にこの質問はありませんでした。びっくりしました。
出版社の面接では「自分で本を一冊作るとしたら、どういう本が必要ですか?」という質問。準備ができていなくて焦りましたね。

なるほど・・・。それは大学生でも難しい質問だったかもしれませんね。職場見学の時に情報提供や、質問の投げかけがあれば事前に考えられたかもしれませんよね。

ジンジブとの出会いはどうでしたか?

ジンジブを知ったきっかけは、企業検索サイトで自分で見つけたことです。ハローワークに行き、担当の人に相談して、お薦めしてもらいました。職場見学に行き、会社の人の雰囲気や事業内容に引かれてここに入社したいと強く思いました。

入社するまでと入社後のこと

ジンジブの入社が決まり不安はありましたか?

営業をすると聞いていたので、鍛えるためにバイト先のピザ屋で電話を積極的に取ったり、先輩とのコミュニケーションでも積極的に話すようにしました。
僕は3歳上の社会人の兄がいるので、兄や兄の友達とも話すようにしました。就職したかったのは兄の影響もありました。兄は大学を中退して社会人になったので、僕自身、進学よりも就職するイメージがありました。
不安は「入社初日寝坊したらどうしよう」「場所はここであっているのかな」などはありましたが、早く仕事してみたいという気持ちが強かったです。

社会人になって変わったこと、うれしかったことを教えてください。

親に素直に「ありがとう」と言えるようになったことです。4月初めてのお給料日に、ケーキを買って帰りました。親とのコミュニケーションは高校時代と変わり、”親と仲良くするって良いな”と感じています。働きたい気持ちが強かったので、自分のなりたい像、やりたいことをやれる自分に一歩近づいた気がしています。

ありがとうございました!!

高校3年間で興味のあること、やりたいことなど自分自身と見つめ合った宮崎さん。
”早く働きたかった”と話す宮崎さんからは、一歩踏み出した自信を感じました。

がんばれ、高卒ルーキー!

job-draft-banner

ランキング

高卒採用を始める前に必ず知っておくべきポイント ~高卒採用の活動スケジュールを把握しよう~

18卒の求人数は前年比倍!今、高卒採用が見直されている。 新卒採用を行う企業にとって、採用ターゲット…

続きを読む

知ってますか?高卒採用の“二次募集”正しい戦い方

高卒採用 9月からいよいよ応募・選考が開始! “一次募集”“二次募集”高卒採用にこのような時期がある…

続きを読む

高卒採用準備編 ~まずはハローワークへ求人票登録を!~

高校生の採用活動は7月の求人票公開から本格的に始まります。スタートダッシュに出遅れないように、事前準…

続きを読む

高卒採用の「一人一社制」ってどんなルールなの?

    高卒採用といえば、「一人一社制」がその大きな特徴です。 「一人一社制」と…

続きを読む

高卒採用が絶対オススメ!今更聞けない、その5つの理由とは・・・

「大卒採用は急に大手求人広告では集まらなくなったし・・・」 「最近流行りのスカウトサービスを利用する…

続きを読む

注目のキーワード